口臭

MENU

口臭問題

生物のほとんどは、口から物を食べ、そして生きていくという習性を持っています。当然、人間も例外ではありません。
あらゆる食物を口に入れて租借し、飲み込んだ後、各器官が体内へと吸収、そして排出します。そのメカニズムがあるからこそ、人は健康に生活できるのです。
ただ、その過程において、一つの問題が発生します。それは、臭い。人間に限らず、生きとし生ける者全て、何らかの臭いを身体から発するものですが、特に人間の場合、その臭いに対する抵抗が非常に強い生き物です。特に、口臭に関しては、多くの人が悩みを抱えているものと思われます。

 

人間の口臭は、非常に多くの原因が存在します。口から物を食べる事で口臭が生まれるケースが多い一方で、それ以外の原因もたくさんあるため、同じ口臭という問題であっても、必ずしも予防や対策が同じになるとは限りません。

 

自分の口臭がどういった原因で生まれ、そしてどんな対策を講じれば良いのか、しっかりと見極める必要があります。
また、口臭は単に臭いだけの問題ではありません。精神的な問題としても、近年大きく取り上げられている問題です。
臭がキツいと、周囲の人達から白い目で見られてしまう…というのは、恐らくほとんどの人が持っている共通認識でしょう。

 

それだけに、口臭というトラブルに対して過剰に気に病む人もいれば、精神的な疾患の一環として、口臭がないにも関わらず「自分は口が臭い」と思い込んでしまうといった病気も存在します。

 

数多くのトラブルを生み出す口臭。その全容を探っていきましょう。

 

口臭の種類

ひと言で「口臭」と言っても、その原因は様々です。そして、原因が違えば口臭の種類も変わってきます。同じ「口が臭い」という状況であっても、その臭いの質が異なるという事です。
そして、その臭いの違いによって、どういった原因で口臭が発生しているのかという事を探る事もできます。
口臭の種類は様々で、食べ物が原因という事もあれば、体調が原因という事もあります。重要なのは、その原因を正確に把握する事です。

 

口臭

 

厄介なのは、人間は例外なく、定期的に食べ物を食べているという事。そのため、どんな食べ物が臭いの原因になったのかという事がわかりにくいという問題があります。食べ物以外の原因がある場合でも、食べ物が原因だと思い込んでしまう可能性が高いのです。

 

仮に、何も食べずに生きている人がいるならば、その人に口臭が発生した場合、食べ物以外が原因だと確信できるでしょう。ですが、そんな人間は存在しません。
そのため、どうしても食べ物を最初に疑ってしまうのです。こうした事から、正確な診断ができなかったり、真相に辿り着くまでに時間が掛かったりしてしまいます。
いずれにしても、口臭の問題を根治させるためには、原因の追及が必須です。

 

そのためには、自分の口臭がどの種類に該当するのかという事をしっかりと見極め、適切な処置と予防が行えるように丁寧なチェックを行いましょう。
有効なのは、自分以外の人にチェックしてもらう事です。口臭は誰にでも起こり得る問題。恥ずかしいと考えず、気を使わなくて良い間柄の人に頼んでみましょう。

食べ物による口臭

恐らくは、口臭の原因として最も多いと思われる「食べ物」。大抵の人は、食事をとった後、少なからず口の中が臭うものです
ですが、周囲や自分自身が不快に感じるほどの臭いを生じる食べ物となると、かなり限られてきます。そんな、口臭の原因となりやすい食べ物をいくつかピックアップしていきましょう。
まず、にんにく。これは多くの人が認識している「口臭の発生しやすい食べ物」でしょう。ある意味、口臭の原因の代名詞とさえいえる食品です。にんにくには、「AMS」という特有の臭いを生じる物質を含有しています。

 

この物質は体内で非常に分解されにくい性質を持っており、そのために臭いもなかなか消えず、いつまでも臭いまま…となってしまうのです。しかも、少量でも臭いが発生するので、にんにく入りのギョウザをはじめ、にんにくを使った料理を食べた後は、多かれ少なかれ口臭がしてしまいます。

 

さらに、にんにくの臭いは体内で分解されず、血液に溶け込むケースもあります。そうなると、汗腺からあの悪臭がしてしまい、体中が臭くなるというケースも珍しくありません。口臭だけに留まらない、非常に厄介な臭いなのです。

 

また、ネギもにんにくと同じ種類の物質を有しています。「アリシン」というもので、これは細胞が壊れた際に臭いが発生します。
ネギは薬味にするために細かく刻む事も多く、その場合はかなり強い臭いが発生します。当然、口の中で噛んだら同じように臭いが生まれ、口臭となるのです。

 

この他、焼き肉、キムチ、納豆、コーヒーなどが悪臭の原因となる事が多い食べ物として有名です。

磨き残しによる口臭

同じく食べ物が原因のケースでも、単に食べた物の臭いが原因というわけではなく、「食べ残し」が原因で口臭が発生するというケースも非常に多く見受けられます。
このケースにおける最大の問題は、「歯磨き」です。通常、歯ブラシと歯磨き粉を使い、隅々までしっかりと歯磨きをすれば、食べ残しは口内から消え、臭いの元はなくなるのですが、歯磨きを適当にしてしまうと、食べカスがいつまでも口の中に残り、それが悪臭の原因となってしまいます。

 

歯磨きをしっかりしない人は、幼少期から歯磨きを軽視していた人がほとんどです。完全な生活習慣なので、強く意識しない限りはなかなか改善できません。そういう意味では、少々厄介な問題でもあります。

 

磨き残しによって口内に残った食べカスは、多くの場合、歯と歯の間か、歯茎のすき間に溜まります。そこで発酵し、臭いを発するのですが、ここでさらに厄介な問題が生じます。食べカスが発酵すると、「歯垢」となるのです。

 

この歯垢がクセ者で、硬化して歯や歯茎に付着し、そのまま居座り続けます。
硬化した歯垢は歯磨きで取り除く事はできません。その上アセトン等の物質を作り出し、いつまでも口臭の原因となり得ます。しっかりと歯磨きしているのに口臭が消えないという人は、既にこの歯垢が付着したままの状態になっている可能性が濃厚なのです。

 

歯磨きは、本来は一回につき何分も使って行う必要があるのですが、なかなかそれを実践するのは難しいものです。特に子供は、少しでも早く終わらせたいと、かなり雑に磨く事が多いですね。それが、口臭の大きな原因となってしまうのです。

 

口臭

お気に入りサイト

みんなの肌潤糖の口コミでアトピー保湿効果や失敗も体験したので詳しくレビューします。ひどいアトピーやトラブル肌に悩む方のために開発され、驚くような効果で口コミでも話題となっている保湿ケア化粧品みんなの肌潤糖みんなの肌潤糖で脱ステロイドするコツについてです。 アトピー性皮膚炎の患者さんがお世話になることが多い「ステロイド薬」 私自身も、ステロイドにはとても世話になってしまい抜け出すのがとても大変でした。

慢性副鼻腔炎とはのページ。アレルギー性鼻炎でお悩みの方に。鼻炎研究所の公式サイト。鼻炎に関する基礎知識から改善方法までご紹介。鼻炎改善のサプリメントやお茶、食べ物など紹介。→副鼻腔炎はお茶がいい
京都やまちや【なたまめ茶】は子供のぐずぐずとした不快な鼻の症状が改善されると評判のお茶。子供の副鼻腔炎などでお困りなら、まずはママたちの口コミでも人気のこのお茶をチェックしてみては?
昨日は半日耳鼻科医院にいた。 夏にNHK教育テレビの「きょうの健康」で鼻の病気を取り上げており、慈恵医大の先生が分かりやすく話をしてくれていたのを聞いて、わたしの今の症状にぴったりだと思ったのでした。

翌日かかりつけ医で他の薬(ザイザルシロップ、ムコダインシロップ)を処方してもらいました。 しかしどの薬も間違ってはいないとのことだったので、赤ちゃんや子どもの鼻水・鼻づまりの薬について、お医者さんにいろいろ質問してみました。
アレルギー性鼻炎がくる鼻づまり、つらいですよね。ずっと続いていると頭も痛くなってきます。そんな鼻づまりを改善するにはどんなお薬が良いのでしょうか。